新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

研究者らが解明 宇宙飛行が宇宙飛行士の骨に与える影響

宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
カナダの研究者らは、宇宙空間の滞在中に人間は骨量を失うことから、火星飛行により宇宙飛行士の33%で骨粗鬆症のリスクが高まることを明らかにした。科学誌『ネイチャー』で研究結果が発表された。
調査の過程で、研究者らは、国際宇宙ステーション(ISS)での滞在期間中および前後に、17人の宇宙飛行士の手首と足首のスキャンを行った。入手データを分析した結果、研究者らは、宇宙飛行士らは、地球上では数十年で目減りするであろう骨量を、6カ月間の宇宙滞在で失うということを明らかにした。
宇宙空間で人間は呼吸できる 鍵となるのはバクテリア - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
IT・科学
宇宙空間で人間は呼吸できる 鍵となるのはバクテリア
また、研究者たちは、骨量が回復するのに数年かかる可能性があることを解明した。この場合、9人の宇宙飛行士の下肢の骨密度は、地球帰還の1年後でも完全には回復しなかった。研究データによると、3年間の火星への宇宙飛行の結果、宇宙飛行士の33%が骨粗鬆症のリスクにさらされることになるという。
通信社スプートニクは以前、ロシアの研究者が、宇宙船の船外にいる宇宙飛行士を自動で救助するロボット複合体を開発したと報じている。
関連ニュース
ロールス・ロイス 宇宙で酸素と水を生産する新技術の開発へ
中国初の女性宇宙飛行を果たした劉洋さん、再び宇宙ステーションへ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала