ドイツ首相をソーセージと揶揄した駐独ウクライナ大使が更迭、ゼレンスキー大統領は恒例の配置換えと説明

© AP Photo / Markus Schreiberドイツ首相をソーセージと揶揄した駐独ウクライナ大使が更迭、ゼレンスキー大統領は恒例の配置換えと説明
ドイツ首相をソーセージと揶揄した駐独ウクライナ大使が更迭、ゼレンスキー大統領は恒例の配置換えと説明 - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、キーウ訪問を拒否していたオラフ・ショルツ首相を「すねたレバーソーセージ」と揶揄したアンドレイ・メリニク駐独大使を解任した決定について、これを一般的な配置換えによるものと説明した。
大統領官邸が発表した声明によるとゼレンスキー大統領はチェコ、ドイツ、ハンガリー、ノルウェー、インドに派遣していた大使らを解任した。新たな候補者については外務省が用意しているという。
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国と同盟国、ウクライナへの支援を長期間維持することができない可能性も=ニューヨークタイムズ
メリニク元駐独大使は先にショルツ首相について、「すねたレバーソーセージ」を気取る資格はないとコメントをしていたほか、ウクライナ民族主義者のステパン・バンデーラを「自由の闘士」と呼び、批判を受けていた。ドイツ外務省はこの発言を把握しているものの、大使の個人的な意見として評価し、ウクライナ政府の立場ではないとしている。
関連ニュース
ドイツ国民の大半が対露制裁の速やかな停止を要求、首相はウクライナ支援継続を表明
カナダとドイツ、「ノードストリーム」のタービン返却で合意へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала