新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASA ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡が捉えた初期宇宙の画像を公開

© 写真 : NASA/ESA/CSA/STScIジェイムズ・ウェッブ望遠鏡が捉えた初期宇宙の画像
ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡が捉えた初期宇宙の画像 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2022
米航空宇宙局(NASA)は11日、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が初めて撮影したカラー画像を公開した。同局によると、この画像は宇宙初期の銀河を写したものだという。
この画像に写っている光の一部は130億年前のもので、ビックバンから10億年足らずの頃のものとなる。現在のところ、赤外線観測用望遠鏡であるジェイムズ・ウェッブ望遠鏡のみが、「最も深い宇宙」の姿を捉えることができるという。
この画像の公開イベントにはNASAの職員の他にバイデン米大統領も立ち合った。バイデン大統領は、「この望遠鏡は人類が実現した偉大な技術の一つだ。我々は誰も見たことがないような可能性を目にすることができ、誰もたどり着いたことがないところへ行くことができるのだ」と語った。
NASAのビル・ネルソン長官は、「今後はさらに過去をさかのぼって撮影する。約135億年前の宇宙を撮影するつもりだ」と語っている。宇宙が誕生したのは138億年前。つまり、NASAは宇宙誕生の頃の様子を撮影することを目指している。
これよりも前、スプートニクは、NASAがジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えたテスト画像を公開したと報じた。
火星 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
IT・科学
火星で生命体の痕跡を探すために必要な掘削深度 NASAが予測
関連ニュース
NASA 探査機「ボイジャー1号・2号」のシステムの一部停止を決定
NASA アルテミス計画で打ち上げる宇宙船とロケットのテストが完了したと発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала