女川原発 豪雨で雨水90トン流入も安全上問題なし

© AP Photo / Greg Baker女川原発 豪雨で雨水90トン流入も安全上問題なし
女川原発 豪雨で雨水90トン流入も安全上問題なし - Sputnik 日本, 1920, 16.07.2022
東北電力は16日、女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の施設に雨水90トンが流入したと発表した。安全上の問題はないという。産経新聞が伝えている。この日は、日本全国で大雨が観測されていた。
産経新聞によると、雨水が流入したのは女川原発の電源盤などが入る施設で、放射線非管理区域だったという。16日午前8時半ごろに警報が作動した。豪雨の影響で雨水の排出能力を上回ったものとみられている。
女川原発は現在運転を停止しているが、東北電力は2024年2月の再稼働を目指している。
大飯原発(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
大飯原発4号機が再稼働の見込み 予定より1週間早まる
日本の岸田首相は14日、エネルギー安定供給の確保のため、萩生田経産相に対し、今冬に最大9基の原子力発電所の稼働を進めるよう指示したことを明らかにしていた。
関連ニュース
東京地裁 東電福島第1原発事故で旧経営陣に13兆円の賠償命令
「ふげん」使用済み核燃料、再処理を350億円で仏企業に委託
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала