EUには加盟できないと誰もが理解している=モルドバ前大統領

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行 欧州の制裁
 欧州の制裁 - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
ルーマニアとウクライナの間に位置する旧ソ連構成国モルドバのイーゴリ・ドドン前大統領は、現在の条件下で、モルドバはEU(欧州連合)には加盟できないとの見解を明らかにした。ドドン氏は、ロシアのテレビ局「ロシア24」からのインタビューに応じた中で、「モルドバがEU加盟国になれないということを誰もが理解している」と述べ、「現在、欧州情勢はきわめて複雑で、経済的な問題はますます混迷を深めている」と指摘した。
ドドン前大統領はさらに、こうした状況を背景に、モルドバ国民をEUに受け入れるなど、まったく展望がなく、意味がないことであり、モルドバの住民もこのことを理解していると強調した。
モルドバのサンドゥ大統領 - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2022
沿ドニエストルの紛争はモルドバがEUに加盟する前に解決すべき=モルドバ大統領
前大統領はモルドバは、中立的立場を維持し、ロシアとの戦略的パートナーシップを取り戻せば、生き抜くことができるとの確信を示し、「ロシアとは友好的な関係を維持する必要がある。ロシアは我々のパートナーであり、我々を理解し、対ロシア的な政策を取らず、外国の軍部隊を国内に配備しないということ以外には何も求めていない」とも語った。
関連ニュース
ウクライナ及びモルドバとEUの関係発展が、ロシアにリスクをもたらすことはない=ラブロフ外相
ウクライナが加盟候補国となり、欧州は強くなる=ゼレンスキー大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала