国連「穀物輸送船へ攻撃があった場合」 ウクライナ港湾

© Sputnik / Sergei Pyatakov  / フォトバンクに移行マーティン・グリフィス氏
マーティン・グリフィス氏 - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2022
ウクライナの港湾から穀物を出荷する際に発生し得るトラブルの調整は、合同調整センターが行う。国連のマーティン・グリフィス人道問題担当国連事務次長が明らかにした。同センターはどちらが合意を違反したかを判定し、必要な措置を取るという。
「合同調整センターにはウクライナ、ロシア、トルコ、そして我々、国連の代表が入る。標準的な慣行として、紛争当事者がいる場合、合意を違反していないかを監視する。例えば発砲があれば、当事者の双方を集め、評価を行う。誰が何をしたか、どちらに非があるか」
ウクライナ軍 - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ紛争が第三次大戦に発展する懸念ある=ボリビア外務省
その後、双方は、戦闘行為を停止し、再発を防止するため「是正措置」について合意するという。
「強制実行の仕組みはない。これは任意の合意である。これは裁判ではない」とグリフィス氏は説明した。
トルコ・イスタンブールで22日、ロシア、トルコ、ウクライナ、国連が、ロシアの輸出制限を解除し、ロシアによるウクライナ産穀物の輸出を可能にする協定に署名した。この協定は、オデッサなど3港から黒海経由でウクライナ産穀物、食料、肥料を輸出するというもの。
関連ニュース
「穀物輸出」は期限付きではなく、自動更新される=トルコ国防総省
日本 「穀物輸出」を歓迎、重要な一歩とみなす=外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала