ハンガリー首相、2030年以降の世界恐慌を予見

© AP Photo / Geert Vanden Wijngaertハンガリーのオルバン首相
ハンガリーのオルバン首相 - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
ハンガリーのオルバン首相は、欧米を襲う世界恐慌時に「一部成功した例外」として残るため、ハンガリーは2030年に向けて準備しなければならない、と語った。
オルバン首相はルーマニアのベイレ・トゥシナド市で演説し「我々は2030年に備えなければならない。これは最も重要な地平線であると思う。この時までに西側世界の問題は山積みとなる。米国では非常に深刻な危機が起こるだろう。欧州諸国では経済停滞はほぼ避けられず、そこから政治的嵐が吹き荒れる可能性がある」と述べた。
オルバン首相はまた、対ロシア制裁はモスクワに微塵も影響を与えておらず、欧州はすでに英国、ブルガリア、イタリア、エストニアの4つの政府を失ったと指摘した。
6月初旬、エストニアのカラス首相が辞任を発表、ブルガリア議会は6月末の政府への不信任決議を採択、7月7日には英国のジョンソン首相が辞任を表明、イタリアのドラギ首相も7月21日に辞任した。
関連ニュース
ウクライナ紛争が第三次大戦に発展する懸念ある=ボリビア外務省
食品の高騰で200万の英国人が1日わずか1食
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала