桜島 25日早朝にも噴火、噴煙2200メートル

桜島 - Sputnik 日本, 1920, 25.07.2022
鹿児島県の桜島は、25日午前6時半ごろに噴火があり、噴煙は2200メートルに上った。共同通信社が気象庁の発表を引用し報じた。
共同通信の報道によると、25日午前6時半ごろ、鹿児島県の桜島の南岳山頂火口で噴火があり、噴煙は2200メートルに上った。負傷者や建物の被害については報告されていない。
24日午後8時5分ごろ、桜島が噴火。気象庁は「噴火速報」を発表した。大きな噴石が火口から2.5キロ付近まで達した。
その後、気象庁は噴火警報レベルを最高の5に引き上げ、午後10時20分には火口から3キロ以内の鹿児島市桜島の有村町と古里町の計33世帯51人に避難指示を発令した。火口から約2キロの範囲で火砕流に警戒が必要だとしている。
NHKの報道によると、25日午前8時の時点では33人が避難している。
関連ニュース
高浜原発3号機が1日遅れ運転再開、油漏れに対応=関電
JAXA、観測ロケット打ち上げ エンジンの燃焼試験
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала