日本はISSをめぐる情勢を注視していく=木原官房副長官

© 写真 : Official site of Seiji Kihara日本政府の木原誠二官房副長官
日本政府の木原誠二官房副長官 - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
日本は、ロシアが国際宇宙ステーション(ISS)計画から撤退するという情報について、その情勢を注視している。日本政府の木原誠二官房副長官が、27日の記者会見でこのように述べた。
また、木原氏は、脱退する場合は国際宇宙基地協力協定に基づいて米国に事前に通告を行う必要があるが、米航空宇宙局(NASA)はロシアからこの協定に基づく通告は受けていないと指摘した。

「現時点では、ロシアを含むISS参加5局によってISSは安全に運用されている。我が国は、引き続き諸情勢を見極めつつ、ISSの安全運用を図るなど適切に対応したい」

ロシア国営宇宙企業「ロスコスモス」のユーリー・ボリソフ新社長は27日、ロシアはISS計画から2024年以降に離脱し、その時までに独自の宇宙ステーションを建設する決定を下したとプーチン大統領に報告した。
関連記事
UAE、宇宙技術開発基金を創設
宇宙開発で中国が米国に挑戦状
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала