エジプト、24万トンのウクライナ産穀物の輸入契約を破棄=ロイター

© Sputnik / Виталий Тимкив / フォトバンクに移行エジプト、24万トンのウクライナ産穀物の輸入契約を破棄=ロイター
エジプト、24万トンのウクライナ産穀物の輸入契約を破棄=ロイター - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
エジプトは、2021年12月に交わした24万トンのウクライナ産小麦の輸入に関する契約を破棄した。ロイターが報じた。
報道によると、エジプトの商品供給総局(GASC)は、供給会社のニブロンとイネルコを契約上の義務から「解放」した。
ロイターによると、2021年12月、エジプト当局は1トン当たり346~360ドルで穀物を購入したが、ウクライナ危機により、貨物は供給されなかった。
以前、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はアフリカ歴訪でエジプトを訪問した際に、エジプトへの穀物供給に関する合意に ロシアの穀物輸出業者が行っているコミットメントを確認すると述べた。
トルコのフルシ・アカル国防大臣 - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
穀物輸出のモデル トルコ国防相がエネルギー危機解決にも活用可能か
トルコ・イスタンブールでは22日、ロシア、トルコ、ウクライナ、国連が、ロシアの輸出制限を解除し、ロシアによるウクライナ産穀物の輸出を可能にする協定に署名した。この協定は、オデッサなど3港から黒海経由でウクライナ産穀物、食料、肥料を輸出するというもの。
これに先立ち、国連事務総長は、ロシアおよびウクライナからの農産物輸出を抜きに食糧危機の解決は図ることができないと明言している。
関連ニュース
イスタンブールに穀物輸出調整センターが正式に開設
ウクライナの穀物輸送に米国が独自のバックアップ計画を準備
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала