ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドネツク人民共和国首脳の「ウクライナにおけるロシア人の街々の解放」投稿について、露大統領府がコメント

© Sputnik / Alekseiy Nikolskiy / フォトバンクに移行ドネツク人民共和国首脳の「ウクライナにおけるロシア人の街々の解放」投稿について、露大統領府がコメント
ドネツク人民共和国首脳の「ウクライナにおけるロシア人の街々の解放」投稿について、露大統領府がコメント - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
ドネツク人民共和国指導者のデニス・プシーリン氏が「ウクライナにおけるロシアの街々を解放するときがきた」とする投稿をめぐり、クレムリン(露大統領府)のドミトリー・ペスコフ報道官は28日、全般的にウクライナを「ネオナチの趨勢」から解放しなくてはならないとコメントした。
ペスコフ報道官はプシーリン氏の投稿内容を支持するかとの質問に次のように述べている。

「クレムリンは全般的にウクライナをありとあらゆるネオナチ性向の現れから解放しなくてはならないという考え方は支持しており、それは必要不可欠だ。そして、ルガンスク・ドネツク両人民共和国の人々を守るための措置を取らなくてはならない」

ウクライナ、ベレゾフカ村付近のウクライナ兵 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ軍の士気が低下 入隊を望まない新兵が原因=NYT
ドネツク人民共和国の指導者、プシーリン氏は27日、自身のSNS上に「ロシアの人々によって創られたロシアの街々を解放する時が来た。キエフ、チェルニゴフ、ポルタヴァ、オデッサ、ドニプロペトロフスク、ハリコフ、ザポリージャ、ルツクだ」と投稿していた。プシーリン氏は、大祖国戦争(第2次世界対戦の独ソ戦)でソ連軍がかつてルーシやロシア帝国の一部であった地域をドイツ軍から解放したのになぞらえてこのように投稿したとみられている。
また、両人民共和国のロシアへの編入についてペスコフ報道官は、「ドネツク・ルガンスク両人民共和国が今秋にもロシアに編入されるかという質問に関しては、地域住民が決めることであって、彼らが自らの運命を自分で決めるのだ」と述べた。
関連ニュース
ウクライナは技術災害へ意識的に事態を導いている 露外務省
独 ウクライナにMars-II型多連装ロケット砲をすでに供給
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала