米国務省からの会談要請、露外相は「時間があれば」対応する=露外務省報道官

© Sputnik / Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行米国務省からの会談要請、露外相は「時間があれば」対応する=露外務省報道官
米国務省からの会談要請、露外相は「時間があれば」対応する=露外務省報道官 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、米国のアントニー・ブリンケン国務長官がロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談を希望しているという報道について、ロシア側は「時間があれば」この要請を検討すると回答した。
先に米国務省のネッド・プライス報道官は、米国がラブロフ外相との会談を要請したと発表した。米国側によると、ロシア側は要請の受け取りを確認したという。
ロシア外務省のザハロワ報道官は、「時間が許せば」この要請にラブロフ外相は関心を払うと指摘した。ラブロフ外相は現在、外遊中で、ウズベキスタンの首都タシュケントで行われる上海協力機構の外相会談や多くの二国間会談に追われているという。
露中との対話の道を閉ざせば、世界は核戦争の危機に=英ガーディアン紙 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
露中との対話の道を閉ざせば、世界は核戦争の危機に=英ガーディアン紙
米国側は拘束されている両国民の交換について交渉したい考え。ホワイトハウスの報道官はロシア側が交換に応じる場合、対露制裁を解除、または緩和するかとの質問に対し、これを否定した。
関連ニュース
米空母「ロナルド・レーガン」、台湾緊張を背景に南シナ海に戻る
ナンシー・ペロシ米下院議長が訪台を計画 それに伴うリスクとは?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала