ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ軍中隊長、「宇軍は退却の際に米製の榴弾砲を発射している」

© Sputnik / フォトバンクに移行榴弾砲
榴弾砲 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
自らルガンスク人民共和国の捕虜となったウクライナ軍のアンドレイ・サフチュク中隊長は、スプートニクからの取材に応じた中で、ウクライナ軍が退却する際に、米国の榴弾砲M777を含む外国製の兵器を発射していることを明らかにした。
ウクライナ軍が米国の榴弾砲を使用しているかについて触れたサフチュク氏は、「もし外国の軍であれば、軍備が壊れた場合、それを撤収し、修理に出すように言われているとしたら、我々はその場で修理するよう言われているが、砲撃が続く中でそれを行うのはほぼ不可能である」と述べた。
サフチュク氏は、ウクライナ軍は退却の際に、修理されていないM777を発射している。なぜなら、この兵士たちは、この兵器を使い方について指導を受けているものの、知識が不十分だからだと指摘している。
ドイツの旗 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ドイツ ウクライナに榴弾砲100基を売却へ シュピーゲル
またウクライナの兵士たちは、ロシアによる軍事作戦が開始された当初は非常に軍備が整っていたが、7月半ばの時点では、彼の部隊にはすでに弾薬も兵器も残っていない状態だったと、サフチュク氏は言う。
加えて、外国からもたらされた武器の大部分は、兵士たちが退却する際に陣地から発射していると言明している。
米国はウクライナに最新型の牽引式155ミリ榴弾砲M777を供与しているが、ウクライナ軍はすでに何度にもわたり、これをドネツクを含む都市への砲撃に使用し、民間人の犠牲者を出している。
関連記事
ロシア軍将校、防空軍はいかにハイマースの迎撃方法を習得したかについて語る
ウクライナへの防空ミサイル供与は経済支援より安くつく=ゼレンスキー大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала