南クリルの演習、「日本の抗議は無意味」=駐日ロシア大使

© AP Photo / Eugene Hoshiko駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏
駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
ロシアが南クリル諸島(日本側名称:北方領土)で予定している軍事演習に日本側が抗議したことを受け、駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏は29日、出演したロシアの国営テレビでの番組内で「日本の方策は根拠薄弱で無意味だ」と強くけん制した。
ガルージン氏は番組で、日本側の抗議を「根拠薄弱で無意味」と一蹴。日本側の抗議に根拠はないのは「クリル諸島が第2次世界対戦の結果として法律的根拠に基づいてソ連、ロシア領になったからだ」と述べ、クリル諸島のロシアの主権に疑いはないという従来の立場を強調した。また、日本側の抗議によって「ロシアのプランは変わらない」とした。
露、「サハリン2」のLNG購入者にロシアの銀行通じた決済求める=ブルームバーグ - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
露、「サハリン2」のLNG購入者にロシアの銀行通じた決済求める=ブルームバーグ
一方、演習は第3国を標的としたものではないとして、「日本が心配する根拠は何もない」とした。
ロシア国防省は26日、大規模軍事演習「ボストーク2022」が8月30日から9月5日まで行われ、その一部は南クリル諸島で実施されると発表。これを受け日本政府はロシアに対し、南クリル諸島での演習実施を断念するよう要求した。
関連ニュース
日本企業の脱ロシア化に終止符、撤退企業はわずか5社で撤退割合はG7中最低=帝国データ
日本の政治学者、プーチン大統領の欠席が好ましくない理由について語る 安倍元首相の国葬
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала