新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

韓国でビーグルのクローン子犬2匹を作成 パーキンソン病に関わる遺伝子を編集

© Sputnik / Maxim Bogodvid  / フォトバンクに移行ビーグル
ビーグル - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2022
韓国の研究者らは、ビーグル犬の皮膚細胞の遺伝子を編集し、その細胞を持つクローン子犬2匹を作成した。この研究をまとめた論文が、学術誌「BMC Biotechnology」に掲載されている。
この研究は、韓国のイオテクノロジー企業「ToolGen」の遺伝学者によって行われた。研究者らは、パーキンソン病などの病気と関連がある皮膚細胞のDJ-1遺伝子を編集し、識別用の蛍光タンパク質を追加した。そしてこの細胞から胚を68個作成し、6匹の代理母に移植した。その結果、2匹の子犬が誕生した。
この子犬は現在、生後22ヶ月になるが、異常は見当たらない。研究者らによると、DJ-1遺伝子に関連する疾病は加齢に伴って発症するので、子犬を引き続き観察していくことで、パーキンソン病を発症するかどうかを確認していくという。
ヒッパリオンの化石 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
IT・科学
中国 新疆で800万年前の「小さな馬」の化石が見つかる
これまでの研究で、純血種の犬は、長年の近親交配により遺伝性疾患にかかることが明らかになっている。
関連ニュース
電柱の頂上に1匹のネコ レスキュー隊の手を借りて地上へ ロシア
先史時代の巨大な捕食動物は第三の眼を持っていた
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала