ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ人捕虜の収容施設に対する攻撃調査のため、ロシアは国連と国際赤十字の専門家らを招聘=露国防省

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation / フォトバンクに移行ウクライナ人捕虜の収容施設に対する攻撃調査のため、ロシアが国連と国際赤十字を招聘=露国防省
ウクライナ人捕虜の収容施設に対する攻撃調査のため、ロシアが国連と国際赤十字を招聘=露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 31.07.2022
ウクライナ軍がドネツク人民共和国イェレノフカ村にある捕虜の収容所を米国製高機動ロケット砲「ハイマース」で攻撃したとされる事件で、ロシアは公平な調査を実現するため、国連及び国際赤十字の専門家らを正式に招聘した。ロシア国防省が表明した。
ロシア国防省の発表によると、イェレノフカのウクライナ人捕虜収容所に対する攻撃を公平に調査するため、ロシア側は国連および国際赤十字の専門家らを正式に招待したという。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ルガンスクおよびドネツク両共和国の復興をロシアは援助=プーチン大統領
先にドネツク人民共和国のデニス・プシーリン首長はこの攻撃について計画的なものであり、この収容所に収監されていた「アゾフ大隊」(ロシアで刑事事件で告発されている)の元戦闘員らが供述を始めたことから、ウクライナ軍が口封じとして砲撃を実施したと主張している。
関連ニュース
ポーランド ウクライナに自走式榴弾砲「AHSクラブ」8基を供与
解放されたマリウポリ 市民の暮らしは今
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала