新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

スイス研究チーム、水で作動する紙製バッテリーを開発

CC BY 4.0 / Alexandre Poulin/Xavier Aeby/Gustav Nyström / (cropped image)スイス研究チーム、水で作動する紙製バッテリーを開発
スイス研究チーム、水で作動する紙製バッテリーを開発 - Sputnik 日本, 1920, 31.07.2022
グスタフ・ニステルム氏をリーダーとするスイス研究チームが画期的なバッテリーを開発した。Empaと命名されたバッテリーは、使い捨て診断用医療機器や環境センサーへの使用に適しているという。論文の内容は科学誌「Scientific Reports」に掲載されている。
「Scientific Reports」によると、Empaの特徴はその素材にある。塩化ナトリウム、つまり通常の食卓塩を含侵させた紙でできており、片側にはグラファイトインク、もう片側には亜鉛インクが塗布されている。Empa上部はグラファイトと亜鉛をつなぐ塗料層で覆われている。またEmpaには2本の導線がある。
人工知能 - Sputnik 日本, 1920, 31.07.2022
IT・科学
人工知能が2億にのぼるタンパク質の構造を予測 米国
Empaの作動にはその上に水滴を垂らす必要がある。塩が溶けることにより荷電イオンが放出、そのイオンが紙の反対側に浸透し亜鉛を酸化させ、電子を放出する。それにより電流が起こる。
研究チームは実験過程でEmpaで小型目覚ましを充電することに成功した。
関連ニュース
植物性タンパク質が抗がん剤に 中国の研究者らが発見
米Appleがランボルギーニの元幹部を採用 電気自動車開発のため?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала