新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

古代の隕石 その内部に未知の構造が見つかる

© 写真 : Mackenzie Brockman/Central Michigan Universityキャニオン・ディアブロ隕石
キャニオン・ディアブロ隕石 - Sputnik 日本, 1920, 01.08.2022
英国の研究者らが、太古の昔に地球に衝突した隕石内部を調べていたところ、未知の構造を発見した。この発見をまとめた論文が、学術誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載されている。
その隕石は15万年前から500万年前に地球に衝突し、米アリゾナ州のクレーターを作った隕石の破片の1つとみられている。隕石は、このクレーターの近くのディアブロ峡谷で見つかったことから、「キャニオン・ディアブロ隕石」と呼ばれている。
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究者らが隕石の内部構造を調べていたところ、炭素の一種であるグラフェンとダイヤモンドが混ざり合う構造を形成していることに気がついた。通常、炭素の構造は、グラフェンであれば六角形が網目状に並んだシート状の構造、ダイヤモンドであれば正四面体型となっている。
研究者らによると、今回発見された構造は「ダイヤファイト」と呼ばれ、構造がユニークであることから、超高速充電や新しいタイプの電子機器の開発に利用できる可能性があるという。
マントル内でマグマの塊が謎の動き 研究者らがシミュレーションで観測 - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
IT・科学
マントル内でマグマの塊が謎の動き 研究者らがシミュレーションで観測
スプートニクは以前、国際研究チームが、脳内活動を測定するためのセンサーを開発したと報じた。そのセンサーは、ダイヤモンドの構造をベースにしている。
関連ニュース
日本の研究グループ、隕石から核酸塩基すべてを検出 世界初
トルコ西部の上空に隕石? その時の映像が公開される
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала