「したいことをする」 ペロシ議長の台湾訪問で米国は免罪符を世界に証明しようとしている=ラブロフ外相

© Sputnik / Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / フォトバンクに移行セルゲイ・ラブロフ外相
セルゲイ・ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は3日、ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問により、米国は全世界に、「したいことをする」という自らの免罪符を証明しようとしている と表明した。
ミャンマーでの会合後、ラブロフ外相は記者団に対し、「このことは、私たちがウクライナ情勢について話している路線そのものを反映していることは間違いない。これは、『したいことをする』ということであり、自らのあらゆる免罪符をすべての人々に証明し、自らの寛容さを示すという欲求だ」と語った。

「それが中国にとって何を意味するかを十分に理解しながら、ほとんど平場で、このような刺激的なことを創造する理由は他に見うけられない」

ナンシー・ペロシ米下院議長は台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と会談 - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
米国は台湾を見捨てない=ペロシ米下院議長、蔡総統との会談で
ペロシ下院議長を乗せた米政府専用機は2日夜、台湾・台北市内の松山空港へ着陸した。米国下院議長の台湾訪問は1997年以来初めて。台湾政府は、ペロシ下院議長が3日朝に台湾の蔡英文総統と会談すると明らかにしている。
一方、ペロシ下院議長の台湾訪問を受け、中国外務省は「断固として反対する」とする抗議声明を発表。中国軍は3日未明にかけて、台湾周辺で空域にて軍事演習を行っているほか、4~7日にも台湾周辺の6つ海域で演習を行うと発表するなど、対抗措置を強めている。
ラブロフ外相は3日、ミャンマーの首都ネピドーに到着後、カンボジアに移動し、プノンペンで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)・ロシア外相会合に出席し、一連の二国間会談を行うことを予定している。
これに先立ち、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ロシア外相のミャンマー訪問とカンボジアで開催される東南アジア諸国連合関連外相会議への参加について、「ラブロフ外相はペロシ氏のような挑発ではなく、協力を行っている」と強調した。
関連ニュース
4日に来日のペロシ氏、5日に岸田首相との会談を調整=時事通信
「ミャンマーはロシアの『善良で友好的な』パートナー」=ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала