「危険な接近」 米国の空母に中国は何で準備対抗したか?

CC BY 2.0 / U.S. Navy/MC2 John Harris / USS Ronald Reagan空母ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan) とミサイル巡洋艦チャンセラーズビル (USS Chancellorsville, CG-62)の演習
空母ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan) とミサイル巡洋艦チャンセラーズビル (USS Chancellorsville, CG-62)の演習 - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問を背景に、米国は南シナ海水域に驚異的な規模の艦隊群を集結させた。空母数隻、数十隻の軍艦、何百機もの飛行機を動員することで米国は中国との「ゲーム」の掛け金をつり上げた。だが、中国はこれに対抗するだけのものはある。
米国太平洋軍司令部の報道官はリアノーボスチ通信からの取材に以下の軍艦の配備を確証した。
空母ロナルド・レーガン(CVN-76)の攻撃船団
ミサイル駆逐艦ヒギンズ(DDG 76)
(CG54)ミサイル巡洋艦アンティータム(CG54)
(CG 62)ミサイル巡洋艦チャンセラーズビル (CG 62)
© AFP 2022 / Kim Jae-Hwan空母ロナルド・レーガン(CVN-76)の攻撃船団
空母ロナルド・レーガン(CVN-76)の攻撃船団 - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
空母ロナルド・レーガン(CVN-76)の攻撃船団 【アーカイブ写真】
この攻撃船団を上空から戦闘機F-15がカバー。軍艦は南シナ海、フィリピン海で巡回警備を行っている。
© MKratko (screenshot)ミサイル巡洋艦アンティータム(CG54)
USS Antietam (CG-54)  - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
ミサイル巡洋艦アンティータム(CG54)

対抗する中国

中国人民解放軍は南東方面の軍備を増強し、8月4日から7日、台湾周辺の6か所の水域で大規模な軍事演習の実施を宣言している。台湾沿岸から125キロ離れた龍田(ルンチャン)空軍基地では戦闘機 J-11 と J-16、およびロシアから購入したSu-27が確認されている。
中国空軍(戦闘機 J-11) - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
中国空軍(戦闘機 J-11)
また旧式戦闘機で無人機に転換されたJ-6も配備された。無人機に転換したJ-6は敵の対空防衛システムの注意をそらし、電子攻撃の手段ないしは神風ドローンとして用いることができる。
ペロシ米下院議長は2日夜、台湾に到着し、翌3日朝、蔡英文総統と会談した。 米国下院議長の台湾訪問は1997年以来初めて。
関連ニュース
訪問先「日本」:ペロシ下院議長の訪問はどういう結果になるのか?
「したいことをする」 ペロシ議長の台湾訪問で米国は免罪符を世界に証明しようとしている=ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала