Работа производственного объекта компании Сахалин Энерджи - Sputnik 日本, 1920
再編「サハリン2」をめぐる状況

日本郵船、「サハリン2」の状況巡り178億円の特別損失

© AFP 2022 / Jiji Press/Stringer日本郵船、「サハリン2」の状況巡り178億円の特別損失
日本郵船、「サハリン2」の状況巡り178億円の特別損失 - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
日本の海運大手「日本郵船」は3日、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の再編をめぐる状況を受け、約178億円の特別損失を2022年6月期の決算で計上したと明らかにした。日本の各メディアが伝えている。
ロシアのプーチン大統領は7月、「サハリン2」の事業主を新たに設立されるロシア法人に移行し、これまでの運営会社「サハリン・エナジー」の資産、また権利や義務を移すことを定める大統領令に署名。外国の出資者は現行の割合で新会社での株式取得に同意するか否かを1ヵ月以内にロシア政府に通知しなければならないとした。
「サハリン・エナジー」には、ロシア国営天然ガス独占企業ガスプロムが約50%、三井物産が12.5%、三菱商事が10%それぞれ出資。天然ガス生産量の約6割が日本向けとなっている。両社および日本政府は、サハリン2への参加がエネルギー資源の安定供給につながるとの判断から、出資継続の意向を強調している。
「サハリン2」、事業主体をロシア企業へ:懸念する理由はあるのか? - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
「サハリン2」、事業主体をロシア企業へ:懸念する理由はあるのか?
朝日新聞などによると、日本郵船は「サハリン2」からの液化天然ガス(LNG)の輸送業の先行きが不透明になったことで今後の事業収益を見直したほか、輸送に使っているタンカー2隻の資産価値を引き下げたため、約178億円の特別損失を計上したと説明している。また、同社は対露制裁や顧客の動向を踏まえ、共同で船を保有していたロシアの船会社から持ち分を全て取得したとも明らかにしたという。
一方、この日発表された2022年4月~6月の決算全体では、連結経常利益が前年同期比の約2.5倍の3777億円と急拡大した。
「サハリン2」を巡っては8月2日、事業に出資する日本の三井物産と三菱商事も資産価値を計2100億円以上引き下げていた。
関連ニュース
露、「サハリン2」のLNG購入者にロシアの銀行通じた決済求める=ブルームバーグ
ロシア油田の外国企業の株式が国家へ譲渡へ サハリン1,2はどうなる?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала