西側との緊張は数十年にわたって形成された=ペスコフ大統領報道官

© Sputnik / Sergey Guneyev / フォトバンクに移行ロシアのぺスコフ大統領報道官
ロシアのぺスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 04.08.2022
ロシアのぺスコフ大統領報道官は4日、記者団に対し、北大西洋条約機構(NATO)のアグレッシブな政策は、長年にわたって西側との緊迫した状況を煽ってきたと述べた。

「この状況は数十年にわたって形成された。そして多くの点において、北大西洋条約機構がロシアに対して行ったアグレッシブな政策がその状況を煽った。絶え間なく押し寄せる波のように自分たちの軍事インフラをロシア連邦の国境に近づけながら。これは我われにとってさらなる危険をつくり出し、そのため、これによりロシアは措置を講じなければならなかった」

ぺスコフ氏はまた、世界秩序に対する真の脅威は、NATO加盟国によって入念に画策された2014年のウクライナでのクーデターだと指摘した。
関連ニュース
EUは米国に依存しない政策を追求することができない=ロシア外務省
欧米のロシアの次の標的は中国 ラブロフ露外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала