Работа производственного объекта компании Сахалин Энерджи - Sputnik 日本, 1920
再編「サハリン2」をめぐる状況

ロシア政府、「サハリン2」の新事業主を決定

© 写真 : Public domain/Russian.dissidentロシア政府、「サハリン2」の新事業主を決定
ロシア政府、「サハリン2」の新事業主を決定 - Sputnik 日本, 1920, 04.08.2022
ロシア政府は3日、日本企業も出資する露極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」について、現行のオペレーター「サハリン・エナジー」に代わる新事業主の設立を決定したと公表した。決定文書は2日付。今後、日本側は新会社が正式に発足してから1ヶ月以内に、現行の割合で株式取得に同意するか否かをロシア政府に通知しなければならない。
ロシア政府の法令に関する公式サイト「法律情報インターネットポータル」によると、新たな事業主の名前は「サハリンスカヤ・エネルギヤ」で、現行の「サハリン・エナジー・インベストメント・カンパニー(Sakhalin Energy Investment Company Ltd)」の英語名からロシア語名に変更。現在は大西洋の英領バミューダに本社を置いているが、新しい本社は露サハリン州の州都・ユジノサハリンスクに設置される。「サハリン・エナジー」の代表のアンドレイ・オレイニコフ氏は新事業主となっても代表を務める。
露国営ガス会社「ガスプロム」が50.00000001378317%と過半数の株式を取得する。現時点で日本企業の参加継続の可否については確定していない。
石油 - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
ロシア油田の外国企業の株式が国家へ譲渡へ サハリン1,2はどうなる?
ロシアのプーチン大統領は7月1日、「サハリン2」の事業主を新たに設立されるロシア法人に移行し、これまでの運営会社「サハリン・エナジー」の資産、また権利や義務を移すことを定める大統領令に署名した。事業に出資する外国企業は、新事業主の発足から1ヶ月以内に出資を継続するか、株式を売却するかの決定を迫られている。
現行の「サハリン・エナジー」には、ガスプロムが50%プラス1株、三井物産が12.5%、三菱商事が10%それぞれ出資。天然ガス生産量の約6割が日本向けとなっている。両社および日本政府は、「サハリン2」への参加がエネルギー資源の安定供給につながるとの判断から、出資継続の意向を強調していた。
関連ニュース
日本郵船、「サハリン2」の状況巡り178億円の特別損失
三井・三菱、「サハリン2」の資産価値を2100億円引き下げ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала