米女子バスケ選手に有罪判決 麻薬密輸で

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行米女子バスケットボールのブリトニー・グライナー選手
米女子バスケットボールのブリトニー・グライナー選手 - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
モスクワ郊外ヒムキの裁判所は4日、薬物密輸の罪で起訴された米女子バスケットボールのブリトニー・グライナー選手に対し、禁錮9年と罰金100万ルーブル(約220万円)の判決を言い渡した。
グライナー選手が罪を部分的に認めたことやスポーツの功績が情状酌量された。
弁護側は法廷で、物質鑑定の実施に違反があったと指摘し、それは法廷で尋問された化学修士号取得者の鑑定書によって証明されているとした。
グライナー選手の弁護士は無罪を主張したが、有罪判決の場合は法定刑の下限以下の執行猶予付き判決を求めた。
グライナー選手本人は最終陳述で、ポストコロナのストレスや急いで荷造りをするな かで間違いを犯したと述べた。グライナー選手は、ウラル採鉱冶金会社のクラブの自身のチームと親族に謝罪した。
薬物所持でロシアで逮捕の米国女子バスケットボール選手 バイデン大統領からの書簡を受け取る - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
薬物所持でロシアで逮捕の米国女子バスケットボール選手 バイデン大統領からの書簡を受け取る
調査中、アリゾナ州の医師が、その副作用のために一般的な鎮痛剤の代わりに大麻をグライナー選手に処方していたことがわかった。
バイデン米大統領は、グライナー選手への判決は容認できないと表明し、グライナー選手の即時釈放を求めた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала