中国への配慮から米国が大陸間弾道ミサイルの実験を延期=WSJ

© 写真 : U.S. Air Force / Senior Airman Ashley Boster中国への配慮から米国が大陸間弾道ミサイルの実験を延期=WSJ
中国への配慮から米国が大陸間弾道ミサイルの実験を延期=WSJ - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
米国は中国との関係緊張を回避するため、核弾頭が搭載可能な大陸間弾道ミサイル「ミニットマンIII」の発射実験を延長した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が消息筋を引用して報じた。
米空軍はカリフォルニア州の空軍基地で「ミニットマンIII」の発射実験を予定していた。WSJの消息筋によると、この発射実験は米国防総省のロイド・オースティン国防長官による司令で延期となったという。WSJは次のように消息筋の発言を紹介している。
かなり前から予定されていたこの実験は、台湾をめぐる中国の行動を踏まえ、誤解を生まないために延期される。
どの程度、実験が延長されるかについては報じられていない。
米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官はインド太平洋地域における緊張を避けるため、「ミニットマンIII」の発射実験を延長したと発表している。
米国は4月、「ミニットマンIII」の発射実験を延長し、これによりロシアとの緊張悪化を避けるとしていた。
関連ニュース
調査:ウクライナがNATOの武器を中東に売却
中国軍機22機、台湾防空識別圏に侵入=台湾国防部
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала