横田基地所属の米軍関係者1人がサル痘に感染 国内3例目

© AP Photo / Koji Ueda在日米軍横田基地
在日米軍横田基地 - Sputnik 日本, 1920, 06.08.2022
日本の厚生労働省は5日、東京の在日米軍横田基地に所属する20代男性1人のサル痘への感染が確認されたと発表した。日本国内では3例目。日本の各メディアが伝えている。
時事通信などによると、男性は海外から短期入国した人と接触があったといい、本人は直近の渡航歴がなかった。国籍は明らかにされていない。
男性は4日、頭痛や倦怠感、発疹などの症状を訴え、横田基地内の医療機関に入院。米国側が迅速に検査できなかったため、日本側が陽性を確認したという。
ほかの国内の感染例との関連は確認されていないといい、日米当局が協力して感染ルートや濃厚接触者を調べる。
サル痘感染が拡大 98.8%が男性=WHO - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
サル痘感染が拡大 98.8%が男性=WHO
日本では7月25日に1例目、28日に2例目の感染例が確認されていた。いずれの感染者も海外への渡航歴があった。
サル痘を巡ってはこのごろ、米国全土で非常事態宣言が発令されていた。米国では全土で6600件あまりの感染例が確認されている。
関連ニュース
インドでサル痘の感染者が死亡、国内で初めて
日本 サル痘予防に天然痘ワクチンの使用承認へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала