22:50 2020年06月05日
戦勝75周年
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシア軍事史協会は、大祖国戦争でソ連を勝利に導いたゲオルギー・ジューコフ元帥がスターリンソ連軍元帥に宛てた1945年5月3日付の報告書を公開した。その報告書の内容は、第三帝国のアドルフ・ヒトラー総統とヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣の自殺に関してソ連軍の防諜活動が得た情報を記したもの。

ヒトラーはベルリンがソ連軍に包囲する中、1945年4月30日に自殺した。

報告書によると、ソ連軍の防諜がベルリンの国会議事堂でゲッベルス氏の専属シェフのヴィルヘルム・ランゲ氏と車庫長のシュナイダー氏を拘束。彼らはヒトラー総統が4月30日に自殺したが遺体の埋葬場所は分からず、ゲッベルス夫妻は5月1日に国会議事堂近くの地下壕で自殺したと述べた。

ジューコフ元帥の報告書には「ゲッベルス氏のオフィスの入り口近くにある彼の地下壕に降りると、男女の焼死体を発見した。ランゲ氏とシュナイダー氏は遺体がゲッベルス夫妻のものだとすぐに確認した。また、宣伝省で4年間勤務した『ベラルーシ委員会書記長』のバルトケビッチ氏を召喚し、同氏もその焼死体はゲッベルス夫妻だと確認した。遺体からは文書は発見されなかったが、ゲッベルス氏のオフィスには、封がされ、監視下に置かれていた様々な文書が入ったファイルが見つかった」と記載されている。

さらに同報告書では「ヒトラーが最後の日々を過ごした場所とヒトラーの自殺に関するあらゆる情報の詳細な調査が同時に行われた」と述べられている。

タグ
ソビエト連邦, ロシア, 第二次世界大戦, アドルフ・ヒトラー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント