00:58 2020年09月27日
  • ソ連の女性航空部隊「第46親衛夜間爆撃航空連隊」の隊員ナターリヤ・メクリン
  • スターリングラード攻防戦後、ナチス独軍の包囲から解放されたスターリングラード(現・ボルゴグラード)市内中心部
  • 赤軍パルチザン(1941年)
  • 勝利の印に海軍旗を掲げる赤軍水兵(1944年)
  • 北西戦線第11軍の兵士へ慰問袋を贈るモンゴル代表団のメンバー(1942年)
  • モスクワ州モジャイスク周辺 負傷した仲間を橇で救護所へ運ぶ兵士 (1942年1月)
  • リュボーフィ・ロゼノワ二等兵 ドイツ、ベルリンにて(1945年7月
  • 爆撃で破壊された街でがれきを運ぶソ連女性たち
  • ボリショイ・ドラマ劇場の前、観客がソ連空軍の活動を見上げる、レニングラード(現、サンクトペテルブルグ)
  • 路上に並べられた薪、モスクワ(1941年)
  • ソ連の女性航空部隊「第46親衛夜間爆撃航空連隊」の隊員ナジェージダ・ポポワ
  • 敵を待ち伏せする海軍歩兵の偵察兵(1942年)
  • ドイツ国会議事堂(ライヒスターク)の屋上に赤旗を掲げるソ連兵
  • 偵察兵が奪った独軍の対戦車砲を調べるソ連兵(1944年)
  • 戦線との通信をつなぐ(1941年)
ソ連の女性航空部隊「第46親衛夜間爆撃航空連隊」の隊員ナターリヤ・メクリン

5月9日、ロシアをはじめ旧ソ連諸国で大祖国戦争戦勝75周年を迎える。これに先がけて、ロシア人芸術家によってカラーに蘇ったソ連の兵士たちと当時の様子をスプートニクでご紹介します。

この写真を手掛けたのはロシア人の芸術家、オリガ・シルニナ氏。彼女は様々なモノクロのアーカイブ写真に着色し、自身のサイトで公開している。

75周年という大きな節目を迎える今年、毎年恒例の軍事パレードは、安倍首相をはじめ各国の首脳を招待するなど大々的に行う方向で準備を進められてきた。しかし、国内での新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、遂に延期されることが決まった。

しかし、パレードは延期になれど、75年前の記憶は色褪せることはない。シニルナ氏の手によって鮮明に蘇った、当時最前線へ赴いた兵士や街の様子をご覧ください。

タグ
歴史, ソビエト連邦, ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 北海道
    アップデート: 2020年09月03日 23:52
    2020年09月03日 23:52

    スターリンはなぜ北海道占領計画を放棄したのか?

    筆者 :

    今年4月、ロシアのプーチン大統領は9月3日を「第2次世界大戦終結の日」とする法案に署名した。日本の降伏文書が調印されたのは1945年9月2日。同年、ソ連では9月3日を「対日戦勝記念日」と定めて祝日とすることが正式に承認された。一方、それから2年後、「対日戦勝記念日」は労働日となり、祝日としては次第に忘れられていった。ただサハリンと極東の複数の地域では引き続き祝われた。

  • 降伏文書調印 〜 ミズーリ号にて
    アップデート: 2020年09月02日 17:10
    2020年09月02日 17:10

    第2次世界大戦終結から75年

    人類史上最大の軍事衝突「第2次世界大戦」は、1939年9月1日から1945年9月2日まで6年間続き、日本の無条件降伏文書への調印によって終結した。

  • 軍事パレード
    アップデート: 2020年06月27日 08:30
    2020年06月27日 08:30

    軍事パレードで靴が脱げた女性 表情変えず黙々と行進【動画】

    6月24日、ロシアの西の飛び地カリーニングラードでの軍事パレードに参加の女性の足から行進の最中に片方のパンプスが脱げてしまった。片方だけの靴になってしまったこの女性は、列を一切乱さずに最後まで行進し続けた。

  • 戦勝パレード
    アップデート: 2020年06月25日 00:20
    2020年06月25日 00:20

    ロシア 戦勝パレードの中継で特殊効果を初めて活用【動画】

    ロシアの「赤の広場」で24日、大祖国戦争勝利75周年を記念したパレードが行われた。軍事パレードの中継では特殊効果が初めて活用され、テレビカメラが戦車の砲口から内部に入り込み、戦車内部の様子を捉えた。