03:01 2021年04月22日
  • ボリショイ劇場近くで戦勝を祝う市民
  • 赤の広場に集まったモスクワ市民 
  • 赤の広場で将校を胴上げするモスクワ市民
  • 1945年5月9日の朝、赤の広場にて勝利を祝うモスクワ市民
  • 人で溢れかえる米国大使館前
  • 赤の広場に集まったモスクワ市民
  • 赤の広場で上がった花火
  • 赤の広場に集まったモスクワ市民 
  • 通りで踊る女性たち
  • 赤の広場に集まったモスクワ市民
  • モスクワ中心部のマヤコフスキー広場(現・凱旋広場)で演奏するピアニストのニーナ・エメリヤーノヴァ
  • モスクワ中心部のゴーリキー通り(現・トヴェルスカヤ通り)を歩くモスクワ市民
  • 赤の広場に集まったモスクワ市民
  • 人で溢れかえる米国大使館前
  • 赤の広場で勝利を祝う写真家のアレクサンドル・クラサビン
  • 赤の広場で勝利を祝うモスクワ市民
  • 赤の広場での初の戦勝記念パレード(1945年6月24日)
© Sputnik / Mikhail Runov
ボリショイ劇場近くで戦勝を祝う市民

1945年5月9日のモスクワ時間未明、ベルリンでナチス・ドイツが無条件降伏文書に調印したことにより、4年にわたって続いたソ連国民の戦いに終止符が打たれた。この歴史的な日を首都モスクワではどのように迎えられたかをスプートニクでご紹介する。

5月9日早朝、ラジオや新聞でソ連軍の勝利を知った人々は外へ飛び出し、皆で喜びを分かちあった。モスクワの中心部・赤の広場には、勝利を祝う大勢のモスクワ市民で覆いつくされ、夜には花火と祝砲があげられた。同年6月24日には、記念すべき最初の戦勝記念パレードが行われた。

それ以来、ロシアでは5月9日は最も大切な記念日として祝われ続けている。

しかし忘れてはならないのが、この勝利の裏で、かけがえのない無数の命が奪われたことだ。長きにわたる戦いで犠牲になった兵士らを追悼し、平和を誓う日でもある。

タグ
ロシア, 戦勝記念パレード, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロシア初のホロコースト裁判に犠牲者の親戚が参加
    アップデート: 2020年10月14日 14:00
    2020年10月14日 14:00

    ロシア初のホロコースト裁判に犠牲者の親戚が参加

    1942年、ロシア西部に位置するジェスチャナヤ・ゴルカ村での大量虐殺で、ナチスによって市民が殺害された。その親戚が、虐殺の事実を立証する裁判への参加を予定している。ノヴゴロド州バテツキー地区に隣接するモイカ村の住人、タチアナ・ハサノワ氏がリアノーボスチ通信に語った。

  • 北海道
    アップデート: 2020年09月03日 23:52
    2020年09月03日 23:52

    スターリンはなぜ北海道占領計画を放棄したのか?

    筆者 :

    今年4月、ロシアのプーチン大統領は9月3日を「第2次世界大戦終結の日」とする法案に署名した。日本の降伏文書が調印されたのは1945年9月2日。同年、ソ連では9月3日を「対日戦勝記念日」と定めて祝日とすることが正式に承認された。一方、それから2年後、「対日戦勝記念日」は労働日となり、祝日としては次第に忘れられていった。ただサハリンと極東の複数の地域では引き続き祝われた。

  • 降伏文書調印 〜 ミズーリ号にて
    アップデート: 2020年09月02日 17:10
    2020年09月02日 17:10

    第2次世界大戦終結から75年

    人類史上最大の軍事衝突「第2次世界大戦」は、1939年9月1日から1945年9月2日まで6年間続き、日本の無条件降伏文書への調印によって終結した。

  • 軍事パレード
    アップデート: 2020年06月27日 08:30
    2020年06月27日 08:30

    軍事パレードで靴が脱げた女性 表情変えず黙々と行進【動画】

    6月24日、ロシアの西の飛び地カリーニングラードでの軍事パレードに参加の女性の足から行進の最中に片方のパンプスが脱げてしまった。片方だけの靴になってしまったこの女性は、列を一切乱さずに最後まで行進し続けた。