23:38 2017年12月18日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    ナイジェリア、「ボコ・ハラム」に誘拐の婦女子300人が解放

    ナイジェリア、「ボコ・ハラム」に 誘拐の婦女子300人が解放

    © REUTERS/ Emmanuel Braun
    アフリカ
    短縮 URL
    0 50

    ナイジェリア政権は武装戦闘組織「ボコ・ハラム」に誘拐されていたおよそ300人の婦女子を解放した。「ボコ・ハラム」は先日、テロ組織「イスラム国」に合流している。ナイジェリア北東部のサンビサの森で実施された特別作戦でナイジェリア軍は「ボコ・ハラム」の3つのキャンプを殲滅した。

    スカイ・ニュースがナイジェリア軍報道官の声明を報道したところによれば、解放された少女200名、成人女性93人の中には2014年4月、シボク村の中学校襲撃における誘拐者は含まれていない。中学校襲撃では200人以上の女子生徒がさらわれている。

    組織の名称「ボコ・ハラム」はハウサ語で「西の教育は罪」の意味。ナイジェリア人児童は様々な形態の暴力を受けている。若い女性や少女らはレイプをうけ、奴隷労働や結婚を強いられている。武装戦闘員らは学校の教師や生徒らを主に狙っており、2014年末までに300を超える学校が破壊され、196人、314人の生徒らが殺された。

    「ボコ・ハラム」はナイジェリア北東部にイスラムのカリフ制をしき、イスラム法典の基礎を導入しようとしている。観測筋、人権擁護団体によれば、「ボコ・ハラム」は占領した地域の住民にテロをしかけ、公衆処刑や見せしめを行っている。

    「ボコ・ハラム」のテロによってナイジェリアではここ5年、1万3000人を超える死者が出た。

    これに対し、国際社会から注意が喚起されることは何故か皆無。大量に人が殺され、脅威が高まっているにもかかわらず、目が向けられないのが現状だ。 これが何故なのか、問うたところで不明瞭な返答しか得られない。

    タグ
    テロ, ボコ・ハラム
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント