11:15 2017年08月23日
東京+ 30°C
モスクワ+ 21°C

    国連:アフリカ4ヵ国で2千万人以上が食料不足

    © AP Photo/ Christine Nesbitt
    アフリカ
    短縮 URL
    423225

    国連のグテレス事務総長は22日、ニューヨークの国連本部で記者会見を開き、南スーダン、ナイジェリア、ソマリア、イエメンの中東・アフリカ地域4カ国で2千万人以上が食料不足に陥っており、年内に約56億ドル(約6300億円)以上の資金援助が必要だと訴えた。

    グテレス氏は「南スーダンの一部では既に飢饉が発生しており、今行動を起こさなければ、他の地域や国に広がるのは時間の問題だ」と警鐘を鳴らした。「破滅的な状況」を避けるには来月末までに少なくとも44億ドルが必要だとしている。

    各地で戦闘が続く南スーダン情勢については「周辺諸国の支援を得て南スーダン政府に圧力をかけることが比較的成功している」と指摘し、対話を通じた和平を模索する考えを示した。

    国連によると、南スーダンでは約500万人、ナイジェリアで約510万人、イエメンで約730万人、ソマリアで約290万人が緊急食料支援を必要としているが、支援金は約9千万ドルしか集まっていないという。共同通信が報じた。

    タグ
    国連
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント