22:34 2018年09月20日
パリ検察 兵士による中央アフリカ共和国での性的虐待の事件を打ち切るよう要求

パリ検察 兵士による中央アフリカ共和国での性的虐待の事件を打ち切るよう要求

© AFP 2018 / PATRICK FORT
アフリカ
短縮 URL
1118

パリ検察は、中央アフリカ共和国での児童性的虐待を疑われているフランス軍兵士の件を打ち切るよう要求した。AFP通信が法曹筋や問題に詳しい関係筋を基に報じた。

スプートニク日本

昨年3月、PKO部隊の性的虐待疑惑を調査している非政府組織(NGO)「エイズフリー・ワールド(AIDS-Free World)」が、2013年から2015年にかけて中央アフリカ共和国で起きた兵士による性的虐待の、新たな100件以上のケースについての情報を公開した。犠牲者の大半は未成年だった。

アンゴラの国連常駐代表イスマイル・ガスパール氏は、フランス軍兵士に対する容疑の徹底的な解明が行われると発表。

フランス軍はこの数年間で、中央アフリカ共和国において国連平和維持活動と平行してサンガリス作戦を展開していた。

タグ
事件, 性的虐待, 中央アフリカ共和国, アンゴラ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント