07:10 2019年11月16日
ジンバブエ(アーカイブ写真)

ジンバブエ、パスポート用の紙が尽きる

© AP Photo / Tsvangirayi Mukwazhi
アフリカ
短縮 URL
112
でフォローする

次にパスポート発行が可能になるのは最短で2021年だという。地元ポータルサイト263chatによると、パスポート緊急発行の申請書の数はすでに28万件に達している。

南アフリカのラジオ局SABCによると、現在、数十万人ものジンバブエ国民は出国することができず、国内でも身分を証明することができないでいる。

ジンバブエ政府は、次にパスポート発行が可能になるのは最短で2021年だと発表した。ただし、その時に確実にパスポート受領が可能になるかは保証できないとしている。

パスポート問題の原因は、国内で続いている深刻な経済状況だろう。現地情報ポータルサイトはジンバブエの官僚の発言を引用し、政府には外貨使用の優先順位があり、ジンバブエで製造していない印紙は優先輸入品目リストに入っていない、と伝えている。

関連ニュース

独アーティスト パスポート写真でふざける【写真】

タグ
経済, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント