16:40 2020年08月11日
アフリカ
短縮 URL
103
でフォローする

西アフリカのナイジェリア北部カツィナ州で武装組織が政府軍の部隊を待ち伏せして奇襲し、この戦闘により15人の兵士と3人の将校が死亡した。現地のバンガード紙が消息筋による証言をもとに報じた。

18日夕方、「サヘルの繁栄」作戦にあたっていたナイジェリア軍が待ち伏せしていた武装組織の襲撃を受けた。

部隊がカツィナ州ジビヤ市内を移動していたところ、近郊の高台から武装組織が発砲を開始した模様。

この襲撃により、部隊を指揮していた少佐、大尉、中尉に加え、15人の兵士が死亡した。また、部隊に所属している兵士の大半が負傷し、病院で処置を受けているという。​

一方、ナイジェリア軍は死者数を3人と発表しており、この戦闘でテロ組織の戦闘員17人をせん滅したとしている。

関連ニュース

タグ
西アフリカ, アフリカ, ナイジェリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント