16:36 2021年06月15日
アフリカ
短縮 URL
0 02
でフォローする

西アフリカ・マリの暫定大統領と首相が24日、国軍に拘束され、首都バマコ近くの軍基地に連行された。事情に詳しい関係者が語った。

24日、マリでは内閣改造が行われたことが明らかになっている。

情報筋は「マリの暫定大統領と首相が国軍兵士に拘束され、首都バマコ近くのカティ軍事基地に連行された」と述べた。

マリの暫定政府は5月14日に解散し、バ・ヌダウ暫定大統領は、モクタル・ウアンヌ首相に内閣を改造するよう指示した。

© Sputnik / Valeriy Melnikov

マリでは2020年8月、首都のバマコ近郊カチの軍基でクーデターが起きた。兵士のグループがカチにある軍基地を占拠し、当時のイブラヒム・ブバカール・ケイタ大統領とブブ・シセ首相を拘束した。その後、ケイタ大統領は辞意を表明した。

このクーデター以来、ヌダウ暫定大統領とウアンヌ首相は、文民統治への移行政権を率いている。

関連ニュース

タグ
マリ, 西アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント