日本
© AFP 2021 / Peter Parks

沖縄分離運動を中国が支援? 公安調査庁が発表

短縮 URL
でフォローする

日本の公安調査庁は、沖縄の日本からの分離運動を中国が支援しているとする報告書を表した。ブルームバーグが報じた。

公安調査庁の発表によれば、中国は大学及び調査センターを通じて沖縄の日本からの独立を目指して闘う集団とつながりをもち、日本社会を分裂させ、親中国派の市民層を作ろうと画策している。この発表に対して中国外務省は一切コメントを表していない。

沖縄の日本からの独立を求める運動は1945年に開始された。琉球独立運動は1875年に日本に併合される前の琉球の復活を目指している。様々なデーターによれば沖縄独立を支持しているのは地元民の35-45%。

沖縄では島全体の17%にあたる土地が米軍基地として使われている。このため、こうした現状に反対して米兵の撤退を求める強力な運動体が存在している。