ロシア
© 写真: Press service of Russian Navy

ロシア軍に潜水隊が登場へ

短縮 URL

ロシア軍でダイバーレスキュー隊の編成準備が開始された。400メートル以上の深さに潜水できるレスキュー隊が作られようとしている。ロシア国防省の声明をロシアのマスコミ各社が報じている。

スプートニク日本

編成の第1段階はフィンランド湾南部のロモノソフ市の救助潜水技術学術調査研究所をベースに行われ、第2段階はロシア艦隊の救助船を実際に使って、400メートルの潜水を行う方法が編み出される。

ロシア国防省はこの作業は専門職としてかつて存在していた深海ダイビングを再興につながると期待を表している。

関連ニュース

ロシア軍が新高射砲装置の開発へ 無人航空機撃墜にも対応

ロシア 最新ミサイル機のテスト機が製造開始へ