テック&サイエンス
© Flickr/ jeanbaptisteparis

史上初の人体神経直結の義手を開発 精密な動作と触覚が実現【動画】

短縮 URL
でフォローする

スウェーデンのチャルマース工科大学は、電極を人体の神経に直結することで、考えるだけで精密な動作を行い、触覚を感じることができる義手を開発した。これは日常生活の実用に耐えうる初の臨床的に生存可能で器用な動作が可能な触覚を感じられる義手となった。同プロジェクトサイトが発表した。

スプートニク日本

義手はチタンインプラントを用いて患者の前腕の橈骨と尺骨に接続された。

その後、義手の電極は人体の神経と筋肉に直結。その結果、患者は考えるだけで紐を結び、キーボードを自由に打つほど正確に手をコントロールできた。

この成功は、将来的により精密なコントロールが可能な人工的な代替品を開発し得ることを示した。

関連ニュース

サディストの夫が原因で両手を失ったロシア人女性、バイオニック義手を手に入れる