15:34 2017年03月30日
東京+ 17°C
モスクワ-6°C
    ネパール地震

    ネパール地震:プーチン大統領は心からの同情の念を表明、一方ロシア非常事態省は山岳部への救助部隊派遣を含めた緊急援助を提案

    © AFP 2016/ Prakash Mathema
    アジア
    短縮 URL
    0 3412110

    ネパールで地震が起こり各地で建物等が倒壊し大きな被害が出ていることから、プーチン大統領は、ネパールのヤーダブ大統領に心からのお見舞いの気持ちを表した。クレムリンのサイトが伝えた。

    その中で大統領は「犠牲者の親族、近しい人々に対し心からの同情と励ましの言葉を送りたい、地震の結果、傷ついたあらゆる人々が一日も早く回復するよう望んでいる」と伝えた。

    又リア-ノーヴォスチ通信によれば、非常事態省はすでに、ネパールに対し援助の用意のある事を伝えた。非常事態省は、ネパールの被災地に、ハイチやトルコ、中国での地震の際、援助活動をした経験のある救助隊を派遣する準備ができている。

    なお今回の地震では、ロシア市民も被災している。ネパールの山岳地域にいるロシアの登山家19名のグループと、現在連絡が取れない。ロシア登山家連盟のアンナ・ストルボワ報道部長が、FlashNord通信に伝えた。彼女の説明では、同連盟のアンドレイ・ヴォルコフ連盟長を含め、19人が山の中に取り残されている。

    先に、インド領内にいるロシア人女性ツーリストの一人が伝えたところでは「登山家らは、ネパール東部の村ルクラから登山に出発、最後に彼らと連絡が取れたのは23日だった」。

    25日ネパール中部で、マグニチュード7,9の強い地震がおき、ロイター通信の最も新しい情報によれば、現在確認された死者は688人だが、犠牲者の数はさらに増えそうだ。地震の揺れは、インド北部や中国南部でも体感された。

    タグ
    地震, ネパール
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント