18:15 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-13°C
    ソウル地下鉄

    結核蔓延大国の韓国、地元医療者は「MERSより怖い」

    © AP Photo/ Ahn Young-joon
    アジア
    短縮 URL
    感染拡がるMERSコロナウィルス (15)
    0 33

    韓国での中東呼吸器症候群(MERS)蔓延を背景に医療関係者の間では結核が広がる恐れを懸念する声が高まっている。韓国ヨンハップ通信社が報じた。

    ソウル国立大学付属病院のホ・デソン教授は、「結核は韓国ではMERSよりもっと恐ろしい伝染病だ。結核は患者と直接コンタクトをしなくても、簡単に空気感染で広がっていくからだ」と語り、MERSの場合は空気感染の危険性は少ないと指摘している。

    経済協力開発機構(OECD)の発表では、韓国は世界の34の先進国の中でも最も結核患者が多い。2013年の時点で結核患者の数は3万6089人。そのうち2466人が死亡している。ホ教授は、韓国では毎日、6人から7人の結核患者が死亡している状態と語る。

    韓国では2015年5月20日から現時点までに95人がMERSに感染し、そのうち9人が死亡している。

    トピック
    感染拡がるMERSコロナウィルス (15)

    関連:

    マスコミ:韓国で高校生がMERSに感染
    韓国、MERSコロナウイルスで2人死亡、政府が緊急対策会議
    韓国 MERS感染者18人に
    韓国 MERS感染者 15人に
    タグ
    MERS, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント