05:33 2020年08月11日
アジア
短縮 URL
0 63
でフォローする

中国外務省のリ・カン(陸慷)報道官は「21日に発表された『防衛白書』の中で、日本は『中国の脅威』を悪意を持って誇張し、人為的に緊張を創り出している」と非難し「中国は、強い不満と断固たる抗議を表明する」との声明を発表した。新華社通信が伝えた。

またリ・カン報道官は、声明の中で「中国は、平和発展の道筋に沿って進むことを堅持している。中国がしっかりとした防衛力を発展させることは、どの国にも脅威を与えるものではない」と強調した。

さらに「東シナ海で中国は国際法に違反している」との日本側の非難に対しリ・カン報道官は「係争中の区域でなく、中国の法的管轄下にある東シナ海での石油およびガスの開発は、完全に正当かつ法に適ったものだ」と反論した。

なおリ・カン報道官は、次のように指摘している-

「最近日本側は、軍事及び安全保障分野で戦後前例を見ない、一連の措置を講じた。この事は、日本国民も含め、地域の全ての国民の不安と抗議を呼び起こしている。我々は、人為的に緊張を創り出し、矛盾や対立を挑発するのをやめ、地域の平和と安定のために、より多くのことをするよう日本側に真剣に求める。」

 

関連:

防衛白書は日本の安全保障にとってマイナス
日本、防衛白書で中国批判を継続
タグ
日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント