08:34 2018年09月23日
中国 衛星測位システム「北斗」の人工衛星2基を軌道へ投入

中国 衛星測位システム「北斗」の人工衛星2基を軌道へ投入

© AP Photo / Xinhua/Qian Xian'an
アジア
短縮 URL
130

中国の打ち上げロケット「長征3B」号は、衛星測位システム「北斗(ベイドウ)」の人工衛星18基目と19基目の軌道への投入を成功させた。新華社通信が伝えた。

衛星測位システム「北斗」は、中国が2000年から配備を開始した地域的衛星測位システムで、中国やその隣国、その他のアジア太平洋地域で地理座標を提供している。

同システムは2012年から商業利用が可能となった。中国は2020年までに、「北斗」で運用する人工衛星を35基まで増やし、全世界をカバーする予定。

関連:

ISSクルー、宇宙ゴミ接近で避難先のソユーズからステーションに帰還
米国の宇宙空間における最大のライバルは「中国」
世界記録:ロシアのパダルカ宇宙飛行士 宇宙に2年以上滞在
タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント