20:33 2018年02月25日
東京+ 6°C
モスクワ-15°C
    北朝鮮、対話のために韓国との合同演習を控えるよう米国に呼びかけ

    北朝鮮、対話のために韓国との合同演習を控えるよう米国に呼びかけ

    © AP Photo/ Lee Jin-man
    アジア
    短縮 URL
    0 80

    北朝鮮は米国に対し、対話を達成するため、韓国との合同軍事演習を停止するよう呼びかけた。木曜発表の北朝鮮外務省声明より。

    「もし米国が合同軍事演習のような敵対的行動を停止し、異なる道を選ぶなら、対話の可能性が開け、多くの問題が解決されるだろう」。外務省声明を朝鮮中央通信が伝えた。

    米国の朝鮮半島核問題6者協議担当特別代表シドニー・セイラー氏が先日北京およびソウルを訪問し、平壌が参加を拒否したため、対話は凍結された、と述べた。これを背景にした、今回の外務省声明である。

    北朝鮮外務省代表は、これら発言は「国際世論を惑わせるもの」であるとした。朝鮮半島問題の対話が停止された原因は米国の敵対性であり、北朝鮮にあてつけた軍事演習であるという。

    31日、東京で、シドニー・セイラー氏も参加し、米国・日本・韓国の6者協議代表団の団長会合がある。協議は2003年から2009年まで、ロシア、中国、米国、日本、北朝鮮、韓国の外務省高官の参加の下で行われた。

    関連:

    極めて奇妙な戦法:北朝鮮、韓国ミサイルの効果範囲内に榴弾砲を配備
    北朝鮮 10月までに新たな人工衛星を打ち上げる可能性
    北朝鮮が見習いたいのはイランでなくインド
    タグ
    北朝鮮, 韓国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント