01:00 2018年09月26日
インド東部の寺院に信者が殺到 10人が死亡

インド東部の寺院に信者が殺到 10人が死亡

© AFP 2018 /
アジア
短縮 URL
0 0 0

インド東部ジャールカンド州にあるヒンズー教の寺院で10日、入り口に信者が殺到して混乱状態となり、少なくとも10人が死亡した。

AFP通信によると、ジャールカンド州デオーガルにあるシヴァ神を祀る由緒あるバイドヤナトフ寺院の周りに10日早朝、15万人以上の信者が集まった。警察によると、寺院の扉が開いた時、数千人の群衆が殺到し、数キロにわたる行列の中で眠っていた人たちを踏みつけた。

警察は、「大勢の人が列の先頭に行こうとして混乱が生じた。多くの人が倒れて、踏みつけられた」と発表した。AFP通信が伝えた。

警察によると、少なくとも10人が死亡、15-20人が負傷した。なお地元のマスコミは、犠牲者は50人以上と報じている。

関連:

インドのスホイが英国の「タイフーン」を全滅させる
仏「ミストラル」誰が買う? インド、ブラジル、ベトナムか?
インドがポルノサイトへのアクセスを封鎖
インド、鉄道脱線事故で犠牲者30人に
インドの人口が2020年までに世界最多に
タグ
インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント