01:25 2018年01月23日
東京+ 1°C
モスクワ-10°C
    天津爆発事故 現場周辺で許容限度の356倍のシアン化合物が検出される

    天津爆発事故 現場周辺で許容限度の356倍のシアン化合物が検出される

    © REUTERS/ Stringer
    アジア
    短縮 URL
    0 11

    中国の天津市で12日に起きた爆発現場周辺の数ヶ所で水質検査を行ったところ、許容限度の356倍のシアン化合物が検出された。AFP通信が、天津市環境保護部局の情報を引用して伝えた。

    天津市当局によると、シアン化合物は爆発現場近くの囲いの内部25ヶ所で検出された。なお許容限度を超えるシアン化合物が検出されたのは8ヶ所で、一番高い値は許容限度の356倍だったという。

    最新情報によると、天津爆発事故では114人が死亡、70人が行方不明、さらに698人が入院している。

    事故現場では有害物質のシアン化ナトリウムが数百トン保管されていたと見られている。

    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント