12:34 2018年11月17日
アジア太平洋諸国の人々 米軍のプレゼンス拡大を支持せず

アジア太平洋諸国の人々 米軍のプレゼンス拡大を支持せず

© AP Photo / Lee Jin-man
アジア
短縮 URL
5301

米国人、韓国人そして日本人の圧倒的多数が、アジア太平洋地域における米国の軍事プレゼンス拡大を支持していない。この事は、シカゴ評議会(Chicago Council)が実施した世論調査のデータが証明している。

米軍の軍事プレゼンスを維持すべきだと考えている人達は、米国で64%、韓国で61%、日本で53%と半数を超えているが、それを強化する事については、どの国でも歓迎されていない。アジア太平洋地域で米国の軍事力の拡大に賛成しているのは、本国で11%、韓国で14%、日本では9%に過ぎない。

また中国人の半数以上(58%)は、米国は逆に、この地域での軍事プレゼンスを下げるべきだと考えている。

また今回の調査により、韓国人の49%が、南北が統一されても、朝鮮半島に米国の軍隊は残る必要があると考えている一方で、ほぼ同じ割合の人達(44%)は、それに反対していることが分かった。また同じ質問に対し、中国人の場合は66%が、もし南北が統一されたら、米軍は駐留すべきでないと答えている。

さらに今回の調査では、韓国人と日本人が、グローバルな問題で、お互いをあまり信用していない事も分かった。韓国人の48%は、日本はグローバルな問題解決に責任もってアプローチできると考えているが、日本人の中で、韓国がそうできると考えているのは25%に過ぎなかった。なお米国人の中で、韓国はグローバルな問題解決に責任を持って当たれると考える人の割合は36%だった。

調査は、今年の4月から9月にかけて、韓国人1010人、米国人2034人、中国人3142人、そして日本人1000人を対象に実施された。

タグ
世論調査, 日本, 韓国, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント