00:45 2017年11月19日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    安倍首相

    日本、トルクメニスタンに工場建設、180億ドル

    © AP Photo/ Yoshikazu Tsuno
    アジア
    短縮 URL
    0 89056

    日本企業はトルクメニスタンにガス石油コンビナートや発電所が併設された工場を建設する。総額180億ドルのプロジェクトだ。アシガバートで金曜、日本の安倍首相が、トルクメニスタン大統領との会談後の会見で述べた。

     安倍首相は次のように語った。「多数の工場の建設計画について、私が帰国を訪問している最中に、一連の文書への調印が準備されていると聞き、非常に嬉しく思う。ガス化学工場、発電所などの建設は、総額180億ドルになる。日本企業にとっては特大のビジネスチャンスだ。ベルディムハメドフ大統領がこうしたプロジェクトを今後も協力して実施してくれたら嬉しい」。

    トルクメニスタンは天然資源に富んでおり、エネルギー資源の価格低下を受け、石油ガス化学工業の発展に力を入れ始めた。今、日本その他外国企業と合同で、そうした工場の建設が行われており、そのそれぞれが10億ドルを超えるプロジェクトとなっている。資金の多くが日本の国際協力銀行の出資。

    先の発表では、日本政府はキルギスに対してマナス国際空港の設備刷新のために1600万ドルの優遇借款を与える。これはキルギス外務省アフリカ・アジア諸国課のジェエンベク・クルバエフ課長の発表。

    タグ
    投資, 安倍晋三, トルクメニスタン, キルギス, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント