21:38 2018年12月19日
ミャンマー総選挙 与党の党首代行が敗北を認める

ミャンマー総選挙 与党の党首代行が敗北を認める

© AP Photo / Myanmar
アジア
短縮 URL
0 24

ミャンマーの与党「連邦団結発展党(USDP)のテイ・ウー党首代行は、8日に行われた総選挙での敗北を認めた。テイ・ウー氏は記者団に、「我々は敗北した。なぜそれが起こったのかを理解する必要がある」と語った。一方でテイ・ウー氏は、投票に関する最終データはまだ発表されていないと指摘した。

先に伝えられたところによると、野党の国民民主連盟(NLD)の代表者たちは、70パーセントの得票率を獲得したとして勝利を宣言した。なおテイ・ウー氏は、ミャンマーの様々な地域ではNLDの得票率が50-80パーセントだったと発表し、「これらの全てのデータは、選挙委員会の確認を得る必要があるが、我々は自分たちの情報に確信を持っている」と述べた。

ミャンマーの選挙管理委員会は、選挙結果に関する最初の公式情報を9日夜に発表する見込み。

タグ
選挙, ミャンマー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント