11:18 2018年06月23日
犬

英国市民、死んだ犬のクローン化のため韓国を訪れる

© Flickr/ Ralph Arvesen
アジア
短縮 URL
211

英国出身の夫婦が愛犬のクローン化のため韓国を訪れる。愛犬は帰らないが、クリスマスにかけて、英国夫婦は同じ犬を2匹も受け取る。

ヨークシャーに住むローラとリチャードは犬のクローニングを専門とし、既に700件の注文を履行した韓国企業Sooam Biotech Research Foundationのサービスを利用した。動物一匹のクローン化には10万ドルがかかる。

ボックス犬のディランは6月に亡くなった。「まだ子犬だったときに、私がディランを拾った。実の子のように可愛がった」とローラ。その死を耐えることは容易ではなかったが、犬のクローン化を行なう韓国企業のドキュメンタリーフィルムを見て、希望を持った。

今日か明日にも生まれてくる犬たちは、身体的特徴に関して、また性格についても、おそらくディランをコピーしたものとなる。

Sooam社の研究所にとっても、犬の誕生は待ち遠しい。これは学者らにとっても未経験のことなのである。死後12日経った細胞を取得したのは初めてだ。もし成功したなら、遺伝学者らはより正確に、死後どれだけの期間ならクローニングが可能かということを判定できるようになる。

Guardian紙によれば、犬のようなペットのクローン化は法律で管理されてはいない。ただ、人や家畜のクローニングは禁止されている。

タグ
中国, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント