05:41 2018年07月22日
かつての「北朝鮮の№2」謎の失踪後、復権か!?

かつての「北朝鮮の№2」謎の失踪後、復権か!?

© AP Photo / Wong Maye-E
アジア
短縮 URL
0 31

北朝鮮において大きな影響力を持っていた政治家で、11月初めから行方不明となっていたチェ・リョンヘ(崔竜海)書記の名前が、朝鮮労働党の統一戦線部長として対韓国政策を担当していたキム・ヤンゴン(金養建)書記が交通事故で死亡した事に関連し組織された葬儀委員会のリストに含まれている事が分かった。韓国のヨンハップ通信が伝えた。

報道によれば、葬儀委員会メンバーのリストは、朝鮮労働党中央委員会政治局員で党書記のキム・ヤンゴン書記(73)が事故死した事に関連して公表された。先に韓国の諜報機関は、チェ・リョンヘ氏は、再教育のため地方の農業施設に「流刑」になったと推測していた。チェ氏は、白頭山(ペクトゥサン)水力発電所工事失敗の責任を取らされたのではないかと見られている。同発電所のダムは、工事終了を待たずに決壊してしまった。

韓国の新聞雑誌は、チェ氏を、2013年12月にキム・ジョンウン(金正恩)第一書記の叔父チャン・ソンテク(張成沢)氏が処刑された後、北朝鮮の権力機構における第二位の人物とみなしていた。

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント